トップページ | 総領事館案内 | 領事・安全・医療情報 | 広報・文化交流 | サハリン案内 | 日本とサハリンの関係 | リンク

サハリン政治概況・日サハリン関係(2019年1月現在)

1 サハリン州要人

(1)サハリン州知事臨時代行
    氏   名:リマレンコ・ワレリー・イーゴレヴィチ(姓・名・父称)
    生年月日:1960年10月19日生
    前   職:前エンジニアリング企業「アトムストロイエクスポルト」社長(同社は,国営原子力企業「ロスアトム」の関連企業)
    備   考:2018年12月知事臨時代行就任。2019年9月8日実施予定の州知事選挙には,自薦(無所属)での出馬を表明。


(2)サハリン州議会議長(議員任期5年)
    氏   名:ハポチキン・アンドレイ・アレクセーヴィチ(姓・名・父称)
    生年月日:1967年10月7日生
    備   考:2017年9月州議会議長就任。「統一ロシア」所属


(3)ユジノサハリンスク市長(任期5年)
    氏   名:ナトサジン・セルゲイ・アレクサンドロヴィチ(姓・名・父称)
    生年月日:1962年1月20日生
    備   考:2014年9月就任。「統一ロシア」所属


(4)サハリン州選出の連邦議会議員
(ア)国家院議員(任期5年)
    氏   名:カルロフ・ゲオルギーアレクセーヴィチ(姓・名・父称)
    備   考:2011年12月就任。2016年9月に再選。「統一ロシア」所属

(イ)連邦院議員
    氏   名:アルハロフ・ユーリー・ヴィクトロヴィチ(姓・名・父称)
    備   考:州議会選出(任期5年)。2017年10月就任。

    氏   名:メーゼンツェフ・ドミトリー・フョードロヴィチ(姓・名・父称)
    備   考:州政府選出(任期は州の事情により不定期)。2015年12月就任

2 最近の政治概況

  2018年
     ・ 09月 
ロシア統一地方選挙において,複数の自治体での市議会選挙に加え,州議会補選が実施された。
 
  2017年
  ・10月
 サハリン州議会代表として,ヴェルエフスキー連邦院議員に代わり,アルハロフ連邦院議員が選出。
  ・09月 サハリン州議会選挙が実施され,統一ロシアが28議席中19議席を獲得した。

  2016年
  ・09月
 国家院選挙が実施され,当地小選挙区では現職のカルロフ議員が再選した。

  2015年
  ・09月
 サハリン州知事選挙が実施され,コジェミャコ州知事臨時代行がサハリン州知事に当選した。
  ・03月 ホロシャビン前知事の収賄容疑による逮捕・解任後に,コジェミャコ・アムール州知事がサハリン州知事臨時代行に就任した。

3 最近の日本 - サハリン関係

  2018年
  
・2018年は日露首脳の合意により「ロシアにおける日本年」,「日本におけるロシア年」とされ,サハリン州において「ロシアにおける日本年」事業として和太鼓,歌舞伎,能楽の公演や加藤登紀子氏によるコンサート等の大規模な文化イベントが実施された。
  日本の企業が「チプリーチヌィ」社(温室栽培)に対する日本の技術を使用したタマネギ栽培の支援を実施し,約200トンが収穫された。
  ・10月~11月 農林水産省により「8項目の協力プラン」推進のために設置された「ロシア極東等農林水産業プラットフォーム」に基づき,水産加工分野の官民ミッションがユジノサハリンスク市を訪問し,州漁業庁との協議や現地視察を実施した。
  ・9月,12月 ユジノサハリンスク市において北海道主催による北海道物産展が開催された。
  ・9月 ユジノサハリンスク市において「北海道とサハリン州との友好・経済協力に関する提携」調印20周年記念行事が開催された。
  ・8月 旅客船「ペンギン32」により稚内-コルサコフ間の定期航路が再開した(8月8日-9月21日)。
  ・5月 サンクトペテルブルク経済フォーラムの場において,高橋北海道知事とコジャミャコ州知事が会談し,稚内-コルサコフ間の定期航路の再開を含む地域間交流の活発化について議論した。

  2017年
  ・12月 
ユジノサハリンスク市において北海道主催の物産展が開催された。
  ・10月 ユジノサハリンスク市において北海道北9市及び北海道庁の取組による道北物産展が開催された。
  ・09月 第3回東方経済フォーラム(ウラジオストク)において,高橋北海道知事とコジェミャコ州知事が会談し,両地域の協力の現状と見通しについて幅広い意見交換を実施した。
  ・08月 在ユジノサハリンスク日本国総領事館が「北海道センター」に移転した。
  ・06月 旅客船「ペンギン33」により稚内 - コルサコフ間の定期航路が再開した(6月2日-9月19日)。
    日露合弁会社「ほのかサハリン」によるユジノサハリンスク市内の先行発展領域「山の空気」において,温浴複合施設が着工(2019年3月以降完成見込み)。
  ・05月 北方四島における共同経済活動に関する協議のため,長谷川総理補佐官を長とする官民調査代表団がユジノサハリンスク市を訪問した。

  2016年
  ・12月
 日露首脳会談に合わせて東京において高橋北海道知事とコジェミャコ州知事が会談し,両地域間の交流を一層進めることで一致した。
  ・11月 在ロシア日本大使館においてコジェミャコ州知事(サハリン州)がジャパンビジネスクラブに対するプレゼンテーションを実施した。
  ・10月 ユジノサハリンスク市において道北9市及び南さつま市の取組による第4回目の「道北物産展」(4日間)が開催された。
  ・08月 新旅客船「ペンギン33」により稚内 - コルサコフ間の定期航路が再開した(9月中旬で一旦終了)。

  2015年
  ・10月
 高橋北海道知事がユジノサハリンスク市を訪問し,コジェミャコ州知事との会談及び岩倉建設が建設に協力した「北海道センター」開館式に出席した。